本文へスキップ

TEL 029-274-2851
 SOTONO ELEMENTARY SCHOOL

今日の給食

琴ちゃんの食育日記

外野小学校の給食を日記形式で紹介しています。

<<前のページ | 次のページ>>
2019年2月15日(金)
赤と白(赤魚と白菜)

ごはん
牛乳
赤魚の立田揚げ
ごまあえ
白菜のみそ汁

 赤魚は,皮の色が赤く,きれいでおいしいので,昔からお祝い事や集まりの時に使われてきました。赤魚の身は白く柔らかく,煮物や粕漬けにすることが多いですが,今回は下味をつけて立田揚げにしました。子どもたちもおいしく食べていました。
 白菜は冬が旬。今日はみそ汁に白菜をたくさん使いました。白菜がやわらかく煮えていておいしかったです。まろやかな味わいで,おかわりする児童も多くいました。

2019年2月12日(火)
給食室から愛をこめてA  おたのしみにんじん
 今日はスープの中にハート型にんじんをクラスに数個入れました。各教室では,スープに入っているのを見つけると,「あったー!」と大喜び。友達や担任の先生に報告していました。いつもより多めにハート型にんじんを入れたので,より多くの児童にチャンスがありました。
 職員室で給食を食べる先生たちにもハート型にんじんをそっとしのばせておきました。ハート型にんじんを見つけると,子どもたち同じ様に喜んでいました。「今までおたのしみにんじんが入っていたことがなかったけれど,今日初めて自分のスープに入っていたのでうれしい」とハート型にんじんを大事そうにながめていました。
 入っていなかったみなさん,次回をお楽しみに。
2019年2月12日(火)
給食室から愛をこめて@ チョコレート&シーザーサラダ

チョコチップパン
牛乳
オムレツ
シーザーサラダ
麦入り野菜スープ

 チョコレートの原料であるカカオは,平均気温が27℃以上のあたたかい地域で作られています。メキシコでは,4000年くらい前から育てられていて,「神様の食べもの」とされるほど大変貴重で高価なものでした。昔は,飲み物として飲んでいたほか,長生きするための薬や,お金としても使われていたそうです。その後,ヨーロッパに伝わり,飲むチョコレートからココアが,そしてココアから食べるチョコレートが生まれ,世界中に広がっていったそうです。バレンタインデーが近いので,チョコチップパンにしました。
 シーザーサラダは,アメリカの料理人シーザーさんが,あり合わせの材料で急遽作ったサラダが始まりだと言われています。そのときは,レタス,ガーリックオイル,レモン,卵,パルメザンチーズ,ウスターソース,クルトン,こしょうを使って作ったそうです。給食では,キャベツ,きゅうり,にんじん,ベーコンをマヨネーズ,レモン汁,粉チーズ,塩,こしょうなどで味つけをしました。レモンの香りが効いてさわやかな味に仕上がりましたが,食べ慣れていないせいか,残してしまう児童もいたのが残念でした。

2019年2月9日(土)
お礼の手紙

 3年生が干し芋作り体験をした際にご協力いただいた農家の方にお礼の手紙を渡してきました。「ほしいもの作り方を教えていただきましてありがとうございました。ほしいもがおいしくできるコツを教えてくださったので,上手にできました。家でも作ってみたいと思います。」「とてもいい思い出になりました。この日のことはきっと忘れません」など,みんなでお礼のメッセージを書きました。手紙を受け取った農家の方も「皆さんのお手伝いができてよかったです。」と大変喜んでいました。
 ひたちなか市の児童として,ひたちなか市の特産品を知るための,とても貴重な体験ができたこと思います。大きくなってもこの日の体験を忘れないでほしいと思いました。

2019年2月8日(金)
白菜

ごはん
牛乳
鰹とじゃがいものごまみそがらめ
白菜の華風づけ
わかめスープ

 白菜は今の時期が旬の冬の野菜で,茨城県は白菜の生産量が全国1位です。白菜はビタミンCが豊富で,かぜの予防に役立ちます。白菜は温かいお鍋やシチュー,炒め物やスープなどにも合いますが,今日は生姜と酢で和えた漬け物にしました。今の時期しか食べられないおいしい白菜を味わいましょう。

2019年2月7日(木)
ほしいもまだかな〜

 今週,3年生は干し芋作り体験をしました。今,3年生の教室のベランダには干し芋が並べられています。少しずつ乾燥して芋が小さくなってきました。子どもたちは窓から見える干し芋に毎日わくわくしています。「早く食べたいな〜。」明日持ち帰る予定です。もう少しお待ちください。

2019年2月7日(木)
新メニュー「カレートースト」

カレートースト
牛乳
ポトフ
ヨーグルト

 今日は新メニューのカレートーストでした。廊下で「今日はカレートーストが楽しみ♪」という声があちらこちらから聞こえてきました。キーマカレーのような具を作り,食パンに塗ってチーズをのせてオーブンで焼きました。新メニューの日は子どもたちからの反応が気になります。子どもたちから「おいしい」という声に安堵しました。

2019年2月6日(水)
かむことの大切さ

ごはん
牛乳
豚キムチ
すいとん汁

 かむことによってだ液が出て,消化吸収をよくしますが,むし歯などになってしまうとかたいものがかめず,やわらかいものを好むようになり,偏食の原因となったりします。また,よくかむことで,あごが発達し,かむ力も強くなり,歯ならびもよくなります。「目は心の窓」と言いますが,「歯は健康の窓」といわれるほど,かむことは大切なことです。今日のすいとんは調理員の手作りで,1つ1つ釜に落とし入れました。もちもちしていてかみごたえがありました。よくかんで味わって食べたことと思います。

2019年2月5日(火)
いろいろな豆

 今週は食育コーナーに「いろいろな豆」を展示しています。豆は実物です。児童は豆を食べたことがあっても,乾燥の状態の豆を見たことがない児童が多く,本物の豆に驚いていました。豆といっても色や形がみんな違っていて,世界には約18,000種類の豆があるといわれています。ここでは8種類の豆の名前と実物が合うように貼り合わせていきます。「この豆は黒いから黒豆かな?」「この模様がある豆は何だろう?」と豆の名前と組み合わせをを考えていました。楽しみながら豆の名前を覚えてもらえたらと思います。

2019年2月4日(月)
全員完食!

 今日は1年生と一緒に給食を食べました。今日は少し気温が高かったとはいえ,教室は少し肌寒く感じました。しかし,半分以上の児童が半袖体操服のまま。「寒くないの?」と聞いても「平気」との返事。明るく楽しくみんな元気いっぱいでした。
 そして今日は全員が完食できたという記録を達成し,全員に完食シールを渡すことができました。これからもたくさん食べて元気にすごしてもらえたらと思いました。

2019年2月4日(月)
五目チャーハン

 今日の五目チャーハンの具は豚肉,なると,鶏卵,玉ねぎ,にんじん,しいたけ,グリンピースと具だくさんのチャーハンでした。給食室では大きな釜で炒り卵を手際よく作っていました。卵を入れるタイミングや火加減に気をつけながら調理し,きれいな炒り卵ができました。

2019年2月1日(金)
節分

ごはん
牛乳
いわしのかば焼き
からしあえ
けんちん汁
福豆

 今年の節分は2月3日です。節分は,季節を分けるという意味があり,この日を境に,冬から春になる日とされています。節分には,いろいろな風習があるのを知っていますか?豆まきは,病気を起こす悪い気を追い払って,春を呼び込むという意味が込められています。また,歳の数より1つ多く豆を食べ,「一年を無事で健康に過ごせますように」と願います。それから,いわしの頭を柊の小枝にさして戸口に飾るのは,いわしの臭いと柊のとげが,鬼を追い払うためだと言われています。
 今日は,節分献立として,いわしと福豆を取り入れました。日本の伝統を大切にし,今年も元気に過ごしましょう。


ひたちなか市立外野小学校

〒312-0053
茨城県ひたちなか市外野
1丁目30番1号

TEL 029-274-2851
FAX 029-274-6412